top of page
  • ikura0002

14歳男性「下の前歯のすき間をなんとかしたい」下顎歯列の矯正治療を行なった症例

年齢と性別

14歳男性

 

ご相談内容

下の前歯のすき間をなんとかしたい

 

カウンセリング・診断結果

下の前歯のすき間が気になるとのことで、来院されました。親族の方が当院で矯正治療をされていることもあり、矯正治療で前歯のすき間を無くしたいことを希望されていました。もともと、先天的に下顎前歯が欠損していました。矯正診断をさせていただき、下顎の歯のすき間を閉じるご提案と、上顎の歯の矯正治療をオススメしましたが、患者さんの希望もあり、下顎のみ治療を進めました。まず、下顎の第2大臼歯の舌側傾斜がみられましたので、矯正治療を行いました。その後、スライディングメカニクスにて、下顎の空隙閉鎖をおこないました。患者さまもご満足されていました

 

治療内容

マルチブラケット矯正治療

 

治療期間

6ヶ月

 

治療費用

\330.000

 

術後の経過

保定中で経過は良好

 

治療のリスク

後戻りのリスク

矯正治療中のリスクの説明


術前の口腔内写真



術後の口腔内写真






Comments


bottom of page