• ikura0002

20代女性「前歯のすきっ歯と歯並びを治したい」マウスピース矯正で前歯部矯正を行なった症例

・年齢と性別

20代女性


・ご相談内容

「前歯のすきっ歯と歯並びを治したい」

ワイヤーではなくマウスピースで矯正治療をしたい


・カウンセリング・診断結果

患者様の審美性に優れるマウスピース矯正での部分矯正をご希望されました。

診断の結果、上顎は 4step、下顎は2step(1stepにつき1か月)と診断し、 アソアライナー(マウスピース型の矯正装置)を開始しました。

過蓋咬合の治療についてもご提案(マルチブラケット装置)しましたが、そこまでは患者様は望まれませんでした


・治療内容

マウスピース型の矯正装置による歯列矯正


・治療期間

約4ヶ月


・治療費用

約24万円


・術後の経過

現在はマウスピース型リテーナーにて保定中

下顎前歯の叢生は綺麗に改善し、上顎前歯の空隙(すきっ歯)も改善しました。上顎前歯の過蓋咬合はやや残っていますが、患者様の主訴は改善されており、十分満足を得られる結果となりました。 


・治療のリスク

マウスピース矯正における歯の移動量には制限があるため、適応範囲が限られます。

長期的なマウスピースの装着により、臼歯の咬合変化が多少生じる可能性があります。


術前の口腔内写真



術後の口腔内写真