top of page
  • ikura0002

30代女性「歯ならびが気になる」ワイヤー矯正治療を行なった症例

年齢と性別

30代女性

 

ご相談内容

歯ならびがきになる

むし歯の治療をしたい

 

カウンセリング・診断結果

歯ならびが気になるとのことで来院されました。カウンセリングを行い、左下の咬合痛が続いているとのことで、CT撮影を行い、左下の第一大臼歯、第二大臼歯の根尖病巣を認めたため(CT所見あり)感染根管治療を行いました。感染根管治療を行った後に、仮歯に置き換えて、上下のワイヤー矯正を行いました。

当初はマウスピース矯正を希望されていましたが、費用面、仕上がり面を考慮され、ワイヤー矯正治療を選択されました。レベリング、アライニングが終わり(口腔内写真2枚目)顎間ゴムを併用した、咬合の緊密化(テイテーリング)を行いました。現在は、保定期間中で、透明なマウスピースを使用されています。当院の矯正治療では、標準で透明なブラケットを使用しているため、金属のものと比べて、目立ちにくいのが特徴です。また、オプションにはまりますが、目立ちにくいホワイトワイヤーも準備しています。ご相談ください

 

治療内容

ワイヤー矯正治療

 

治療期間

8ヶ月

 

治療費用

550.000

 

術後の経過

歯周病安定期治療で経過観察中

 

治療のリスク

矯正治療のリスクの説明

 

術前の口腔内写真








Comentários


bottom of page