• ikura0002

50代女性「右下の欠損部にインプラント治療を行い、下顎の歯並びをワイヤー矯正治療」を行なった症例

年齢と性別

50代女性

 

ご相談内容

右下の歯がない所に歯を入れたい

歯並びを下の歯だけ綺麗にしたい

 

カウンセリング・診断結果

右下の臼歯部の欠損部位には、術前CT検査結果から、十分な骨量が確認されましたので、インプラント植立を行いました

歯科矯正治療に関しては、上顎の矯正治療の必要性を説明しましたが、ご本人の希望もあり、下顎のみの歯科矯正治療となりました

下顎左側インプラントは、矯正治療の固定源として利用しました

下顎右側智歯に関しては、現状のままを希望されました

 

治療内容

右下インプラント植立 

右下セラミッククラウン(上部構造)

下顎:ワイヤー矯正治療

 

治療期間

約7ヶ月

 

治療費用

インプラント治療 \330.000

矯正治療 \250.000

 

術後の経過

インプラント植立部位も問題なく経過しています

矯正治療に関しては、現在リテーナーにて経過観察中

 

治療のリスク

インプラントは血流がなく歯周病になりやすいため、定期的なメンテナンスが必要です。解剖学的構造に注意が必要になる。

インプラントは外科治療のため、術後は多少の腫れ、痛みが出ることがあります。矯正治療によるリスクとして、歯根の吸収するリスク、顎関節症のリスクがある

 

術前、術後の口腔内写真