top of page
  • ikura0002

9歳女性「拡大床による矯正治療とマイオブレース矯正治療」を行なった症例

年齢と性別

9歳女性

 

ご相談内容

歯並びを治したい

 

カウンセリング・診断結果

上下の歯列の叢生(ガタガタ)

過蓋咬合

 

治療内容

拡大床による矯正治療とマイオブレース矯正治療

筋機能療法

 

治療期間

2年(一期治療中)

 

治療費用

200.000

 

術後の経過

歯並びを気にされて相談に来られました。過蓋咬合であり、口唇を噛むくせもある状態でありましたので、筋機能療法とマイオブレース矯正装置による治療を行いました。筋機能療法を真面目にされていたのもあり、改善が見られたため、拡大床による歯列の拡大を行いました。ネジ回しも忘れることなく、8ヶ月で終了しました。当初、拡大床による治療後にマルチブラケット装置を使用予定でしたが、マイオブレース矯正装置だけで、下の写真のように綺麗に歯列が並びましたので、経過観察を行っています。最近、風邪気味で装置を使用できてないとのことで心配ではありますが、永久歯交換まで、マイオブレース矯正装置で経過観察を続けます


治療のリスク

装着時間が短いと効果が発揮できないことがある

 

 

術前の口腔内写真




術後の口腔内写真


Comments


bottom of page